パニック障害を克服したブログ【最新版】

パニック障害を克服した人のブログです。ゆっくりしていってね。

パニック障害の症状全般を克服する

パニック障害の症状全般を克服する

 

予期不安を克服する 

パニック障害の症状の一つに予期不安というものがありますよね。これは、杞憂(きゆう)という言葉で形容可能だと思いますが、要するに実際には起こりもしないようなことを不安に思い、パニックになってしまうということを言います。専門的には予期不安というそうです☆彡

この予期不安を克服するには、やはり脳の機能を治さないといけないという話になるわけです。パニック障害ではストレスホルモンの一種である「アドレナリン」が過剰に副腎から放出されており、それがいわれのない予期不安という症状を産みだしているという話になります。(心臓がドキドキするのはアドレナリンが放出されているからです。)

 

そして、GABA(γアミノ酪酸)という心をリラックスさせる神経伝達物質が不足し、アドレナリン、アドレナリン・・・・・・×∞と、パニック発作の連続になってしまっているわけです。( ゚Д゚)

 

ですから、この予期不安克服の問題も精神論や考え方の問題では決して解決する問題ではありません。


パニック障害で電車や飛行機に乗れない問題を解決するには?

これもやはり上に書いたものと同じ話になってしまいます。そもそも電車や飛行機になぜパニック障害の人が乗ることができないのかというと、前者の電車では脱線してしまうのではないかと不安を覚えたり、あるいは満員電車で窒息(過呼吸になって)してしまうのではないかという考えに囚われたり、後者の飛行機の場合は、墜落してしまうのではないかと感じパニックになってしまうわけです。(+_+)

 

電車の中で過呼吸になって途中の駅で降りた経験がある私にはそれがどういったものかよく理解できます。元野球選手の長嶋一茂さんもこのパニック障害の症状に苦しめられたそうです。

パニック障害で車の運転が怖い。克服できるか?

これもまた同じ話になるのですが、結局パニック障害の症状(それがどんなものであっても)を産んでいるのは、脳です。つまり、脳がパニック障害の症状全般を生み出しているというわけです。
このことは今までこのブログで散々お話させていただいてきましたので、理解されている方は多いかと思います。(この記事をはじめてお読みくださっている方は、過去の記事をさかのぼって読んでみてください。)

私も過去、パニック障害の症状全般が強かったので、車の運転や電車に乗るのが怖くて仕方ありませんでした。でも今は、普通に恐怖なく利用することができます!地下鉄にあるとき乗っていると(※満員電車でした)、息が苦しくなり呼吸ができなくなってしまいました。そのため、友達と映画を観に行くことが途中の駅で降りたのでできなくなったという悲惨な思い出があります。( ゚Д゚)

パニック障害を本気で克服したい人は

 

パニック障害を克服【最新版】

 というHPがあります。ここでは沖先生がパニック障害の原因からその正しい克服法について説明してくださっています。このブログの記事作成もこのサイトを参考にさせてもらい、私のような人間でも少しはまともな内容の文章が書けるようになっているのだと思います。(自画自賛の領域だと思いますが( ゚Д゚))この先生は本当の天才で、パニック障害に限らず、全般性不安障害だとか重度のうつ病の克服法を米国の超有名医療機関で学んできた方です。精神疾患に対する理解の深さの次元が決定的といっていいほど違いますね。

(まとめ)

パニック障害の症状の全般は脳が原因。
なので、脳の問題を解決しないと治らないという話になります。

 

By パニック障害を克服した人

パニック障害を克服するのにかかる期間

パニック障害を克服するのにかかる期間

パニック障害を克服するのにかかる期間は、多くの人にとって結構というか、かなり気になるところだと思います。パニック障害を本気で克服したいと考える人たちにとって。何しろいつまで、あの生き地獄が続くのか計り知れないものがありますからね。
僕がパニック障害を克服したのにかかった期間は、3か月~4か月でした。まず、前述した沖先生の指導のもとはじめたのですが、先生はまずサプリメントを服用することをお勧めしてきました。それから運動の習慣をつけることも同時にお勧めしてきました。サプリメント(シークレットメディスン)を飲み始めていきなり大きな変化が訪れました。要するに、ハイテンションになったわけです。

 

時間に比例して体質、気質が変わっていく

 

これは同時に、パニック発作の予期不安が大幅に減少したことを意味したといっていいと思います。それから一か月経過すると、無性に食事をしたくなり、過食気味になりました。そして、さらにそれから2週間くらい経つと、今度は必要最低限度の食事で十分なほど的確な食欲になったといった感じです。体質から根本的な部分が変わったのだと思います。パニック障害を完全に克服した人だ僕は!といえるようになったのは、3か月程度です。

 

神経質までも克服できた!



僕はもともとかなりの神経質で、大学を中退しています。旧帝大の理科系でした。今考えるともったいないことをしたと思いますが、パニック発作がなくなり、神経質も大幅に改善されたことを考えると、この上なくうれしい限りで至れり尽くせりです☆彡

このように、パニック障害を克服するのにかかる期間は僕の場合は3か月でした。大抵は僕みたいな人が多いと先生から耳にします。どのくらい治るまでにかかるのか不安を覚えている人は少なくないかと思いますが、前向きに必ず治ると、自分自身を叱咤激励すると良いと思います。

中途挫折しないためにも

 

沖先生の話によると、挫折しない限り、ほぼ間違いなく克服できるそうです。いただいた教本を読みましたが、かなり専門的な内容でしたが、一応、旧帝中退で多少の知識があったので理解できました。なぜパニック障害を克服する期間が人によって異なるかも今の僕は理解できます☆彡

 

By パニック障害を克服した人

僕がパニック障害を克服したきっかけ

パニック障害を克服したきっかけ

僕がパニック障害を克服したきっかけは、運動の習慣をつけながら、薬、サプリメントの服用を継続したことにありました。(前述した沖先生に指導を受けたわけです。これが克服したきっかけです。(このブログの前記事を参照ください))僕のパニック障害は比較的重度のモノであったので、薬、サプリメントの永続的服用は必須で、これをするまではどんなに努力をしてみても、パニック発作は消えませんでしたね。結局、僕の場合では遺伝要因が極めて濃厚なのだと思います。

パニック障害になったと嘘をつく芸能人たち


よく芸能人がパニック障害になったという話を耳にするのですが、僕はその大半は嘘だと思いますね。島田紳助パニック障害になっただとか、IKKOがなっただとか、そもそもこの人たちって、もともとかなり図太い性格じゃないですか?パニック障害って昔は神経症といわれたように、繊細で内気な人だけがかかるわけなんですよ。

そういうわけで、芸能人がパニック障害になったという話は半分は嘘だと思った方がいいと思いますね。

僕のパニック障害が克服できた直接的なきっかけ


僕のパニック障害が克服できたきっかけは、沖先生の指導を受けるようになったこと、この一言に尽きますね☆彡

パニック障害は、遺伝要因が濃厚な精神疾患です。ちょっとしたきっかけ(゠恋人ができた、結婚した)などで治ってしまう人は、病気とはそもそも言えない相当な軽症な人だけだと思います。そのせいかどうか知りませんが、「パニック障害を未だに克服できない!」と嘆いてる人のブログがあちらこちらに目につきます。それほどまでに、このパニック障害を克服するのは難しいことなのだと思いますね。

まあ、恋人と別れたとか結構、普通の人でも精神的にきますけれどもね。

パニック障害を克服するきっかけ、を作りたい人へ


僕の場合は、薬、サプリメント、運動の習慣の継続が、治ったきっかけです。沖先生は米国のUCLAでトレーニングを受けた実績もある信頼できる人です。いくら努力をしてみても克服できないパニック障害が完治する、あなたへのきっかけに、なるのではないでしょうかね☆彡

僕は、トランスだとか催眠療法だとか怪しい民間療法に100万円弱費やしてきた経験があります。怪しいクソ雑魚なめくじ療法士がパニック障害が治るだとかほざいて、この分野にばっこしてますよね。そういう嘘つき野郎、詐欺師どもに騙されないようにすることをお勧めします。正直こいつらをピッコロしたいです。(笑)

 

みなさんは、そんな人たちに騙されないようにしてくださいね☆彡

By パニック障害を克服した人

パニック障害を克服した人の実感

パニック障害を克服した人の実感


パニック障害を克服すると・・・


パニック障害を克服すると、もうパニック発作に苦しめられることもありませんから、毎日が楽でしょうがなくなります。今までのあの生き地獄は一体何だったのか?と疑問を覚えるほどです。
結局、パニック障害なんてものは一体何だったのか?そして、パニック障害で苦しんでいる人を見ると、なんでそんなことで悩んでいるのか、と無意識に思ってしまいます。すみません。要するに、喉元過ぎれば熱さを忘れるというやつなんでしょうね・・・。

 

パニック発作があったころの自分を忘れてしまう


パニック障害で苦しんでいる人(もしこのブログをお読みの方の中にいるとすれば)には、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
とにかく、パニック障害がどういう症状でどのように私自身を苦しめていたのか忘れちゃうんです。そうそう、忘れっぽくなり、大らかになるという実感もありますね。細かいことが気にならなくなるので、何事にもまあいいか、と開き直れるというような感じでしょうか。 

虫けらのような僕ですら克服できました

 

僕のようなもともと重度のパニック発作もちの虫けらのような人間ですら、克服してしまうと、このような心情になってしまうのですから、より軽症の心臓神経症の人たちは、一度克服してしまうと、もっとハイテンションで人生が楽しくなってしまうのでしょうね・・・。うらやましいかぎりです。

これがパニック障害を克服した人の素直な実感です。
参考になるならないは別として、率直な感想を書いてみました♪

パニック障害は克服可能

 

いずれにしても、パニック障害を克服することは可能です。ですから、絶対にあきらめないで正しい治療法を受ければいいと思います。まあ、そういう治療法を提供できる精神科医はほぼいないんですけどね・・・。

 

今回は、パニック障害を克服した人の実感について簡潔に書かせていただきました。参考になれば幸いです。過去の記事もありますので、お時間があればぜひ読んでみてくださいね☆彡それでは今後ともこのブログをよろしくお願い致しします。

 

By パニック障害を克服した人より

 

パニック障害を克服したブログ

パニック障害を克服したブログです。


過去の私のパニック障害の症状及び経緯


私の過去のパニック発作は広場恐怖から始めり、閉所恐怖症・・・・・・それから、心臓発作が起きるのではないかという非常に重いものでした。パニック障害だけでなくその他にも、アダルトチルドレンうつ病の症状もあり、自殺未遂を幾度となく繰り返しました。そんな私がパニック障害を克服できたのは沖先生という人のおかげでした。この記事は(沖先生に私が何かできることはないか?)と質問したところ、いちクライアントさんとしての声を、ブログで書いてほしいとのことでしたので、それがこのパニック障害を克服した人のブログ、の発端になりました。


民間療法でパニック障害は克服できないよ

巷ではパニック障害を克服させるという様々な民間療法が跋扈(ばっこ)していますが、私の経験からするとそんなものはすべてほぼ間違いなく詐欺です。パニック障害を治せるとか謳う整体だとか、インナーチャイルド療法だとか、心理療法だとかいろいろありますよね?
そんなもの私からすると、「小金稼ぎのクソ雑魚なめくじどもの無意味な治療法に過ぎませんね。」としか感じられません。(この話は実際に被害にあわれた方も多いと思いますので共感してくれる人は少なくないと思います。)

 

パニック障害は脳が産んでる


パニック障害を克服する場合、何がパニック障害の症状(パニック発作、予期不安、広場恐怖)を産んでいるのかそのメカニズムを理解する必要があります。賢明な方であればご存知かと思いますが、パニック障害は脳がその症状を産んでいるわけです。
ところが、これに気づいている人が明らかに少ないような実感を受けますね。
ネット上には「パニック障害を克服できる」という情報商材もありました。私はそれらのものをすべて試してきたのですが、全く治りませんでした。それよりもむしろ悪化したくらいです。

また、トランスでパニック障害を克服できるという施術所もありましたが、最悪のぼったくりでした。

パニック障害は本当に克服可能


話は変わって、パニック障害はとにかく治るものです。
私だけでなく、沖先生の元で指導を受けた方の数多くが皆、一様に卒業されていっております。正しいパニック障害の克服法は世界的にもまだまだ知られておりません。
しかし、科学的根拠に基づき、パニック障害患者の数千~数万人規模のデータ収集から突き止められてきた新たな治療法であるので、信頼性、安全性がかなり高いものであるといえます。

以上、パニック障害を克服した人の見解であり、レポートです。

何が何でも本気で克服したい人は、こちらのブログを読むとなぜパニック障害を克服できないのかが、よくわかると思います。

【結論】
パニック障害は克服できる。その場合、脳が症状を産んでいるという事実をまず一義に理解することが必要です。

By パニック障害を克服した人